• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月24日 (水) | 編集 |
モラタメさんで頂いたヒガシマルさんの白だし。

P1030012.jpg

これを使って、家族の大好きな茶碗蒸しを作りました♪

給料日前の定番。
焼き魚にわかめと豆腐のお味噌汁にご飯(我が家は雑穀ご飯)と言うメニューでも、茶碗蒸しが付くとなんか、贅沢ご飯な感じがしません??
でも、我が家には蒸し器もないし、あのフタ付きの茶碗蒸しの器もありません
具も今週末が給料日。って状態なんで、かなり質素です

では、どうやって作るのか。
レシピは適当なんで、検索してやってくださいませ。

まずは…器。
コレ、我が家では百均で購入したコーヒーカップです
今は百均でもフタ付きの茶碗蒸し用の器が売っているんですけど、取っ手が付いている方が食べやすいんで(^^ゞ
しかも、大好きなものなんでお店で食べるよりちょこっと量が欲しいんですよね
そこに具を入れます。

P1030015.jpg

ゆでた鶏肉とほうれん草。生のシメジです
具の量はお好みでどうぞ(*^_^*)
我が家では具よりも玉子部分の方が好きなんで、具材はアクセントって感じの量です。
余ったほうれん草は胡麻和えにしてお弁当用に冷凍&夕食の箸休めにします。

ここに卵液投入。(写真撮るの忘れた…)

玉子は1カップに付き1個。
ダンナさんが必ず2杯食べるので、うちでは4個使います。(つまり4杯の分量)
サイズはL玉。
よく特売になっているMS玉だともう1個追加します。
ボウルに玉子を割り入れてかき混ぜる。
ダシの配分はパッケージにも書いてあります(^_^)v
でも、ハンパな数字だと量るのが面倒なので、ダシが50CCに水が350CCくらい。
キリの良い(量りやすい)量にしても全然大丈夫。
これを玉子とあわせてグルグルとかき混ぜます。
その時のポイントは泡を立てないようにする事。

揚げ物をする時に使う網の調理器具。なんて名前だっけな??
お玉の網バージョンみたいなの。
あれを使います。
器の上に置いて、その上から卵液を入れると白身のどろっとした部分とか、泡とかが入らないので、出来上がりがいまいちになる原因を取り除けますwww
卵液を入れたらフタ代わりのアルミホイルをしっかりかぶせてスタンバイ終了。

で、問題の蒸し。
最初に書いたように、我が家には蒸し器がありません。
だから、普通の鍋を使います
ちなみに、大きな鍋も持っていないので、普通の大きさの鍋を2つ使いますの。
(あ、作る前に鍋に器が入るかチェックしてくださいね)
そこに器を2つづつ。
鍋肌に当たらないように中央に寄せて置きます。
何にも敷きません。
直接置きます。
で、置いたらお湯を入れます。
ポットのお湯でOK。
量は器の中央よりちょっと少ないかな?って感じで。
鍋フタをして強火で蒸し開始です。
入れているのがお湯なので、比較的早く沸騰を始めると思います。
目安としては器がカタカタと音を立てるくらい。
沸騰の泡で器が動くんですよね。
その音が聞こえたらすぐに中火へ。
我が家はIHなんで…メーカーにも寄ると思いますけど、レベル3くらいで良いと思います
そこから5分。
5分経ったら、火を止めて放置www

人にも寄ると思うんだけど、茶碗蒸しって、あっつあつでは食べられないじゃないですか。
器も持てないし…
と言う事で、お湯につけたまま「あちちっ」と言いつつも持てる位冷めるまで放置です。
今回は30分くらい放置したのかな…
出来上がりはこんな感じです。

P1030016.jpg

すも入ってなくて、キレイに蒸しあがりました♪
味はかつおのお出汁がしっかりと効いた料亭風の茶碗蒸しになりました
いつもはしいたけのダシで作るんですが、こっちの方が美味しいと家族にも大絶賛されましたよ♪♪
難しい事は一切ないので、すこ~しだけあまったお肉だのお野菜だのを入れて作ってみてくださいませ(^_^)v

モラタメさん&ヒガシマルさん、ありがとうございました


スポンサーサイト
テーマ:+おうちでごはん+
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。